ホーム

かとう検診器具製造所

子宮癌検診器具製造所は

社名を かとう検診器具製造所 に変更しました。

加藤式自己擦過法器具

この器具は、子宮がんの早期発見、早期治療を目的として、
家庭で手軽に子宮頸部の細胞を採取するもので、40年にわたって使用されています。

考案のテーマは、「子宮頚がんをめざして!」でした。

特徴
①自宅で手軽に受検者自身が細胞採取ができます。
②採取した細胞は固定液で固定されるので、約2週間位保存できます。
③採取した器具は郵送することができます。
④細胞採取に用いる器具は、スポンジによる直接採取のため、スポンジで多くの細胞が採取でき、必要に応じて複数検査の標本作成が可能です。
⑤直接擦過法のため、医師の直接採取法に最も近い成績をあげることができます。